キャビア辞典

キャビアはどう食べるのが美味しい?キャビア料理のご紹介

キャビアは、その昔から多産の象徴、長寿の象徴、栄養価の高い美容と健康に優れた完全食品とお祝いの席の象徴食品です。

お祝いのシャンパン乾杯時に、前菜としてブリニ(ロシアのそば粉を使った小型のパンケーキ)にサワークリームや卵の黄身、白身などと一緒にお出しするのも素敵ですが、本来美味しいキャビアは、ぜひメイン料理としてもお出したいものです。

極端な話しですが、炊き立ての新米にキャビアをスプーン一盛り10~15g程度を乗せて食してみますとお米との相乗した旨味が、多くの笑顔を引き出します。

冷菜パスタやフランスパンにスプーン一盛りなども驚きの美味しさを醸し出します。

キャビア料理に技術は要りません

盛り付けの量に貴方の勇気があれば、笑顔を誘う美味しさが待っています。

又、やり過ぎ感はありますが、塩分を使用しないで作るローストビーフにキャビアを乗せて頂くマリアージなどもキャビアの旨味とビーフの旨味が調合し、笑顔を誘ってくれます。

Share with

Start typing and press Enter to search

お買い物カゴ

お買い物カゴに商品がありません。